検索
ドレスコーディネーター☆世界のトップブランドが認める『THE TREAT DRESSING』に内定
2022.07.28 | 就職内定者紹介

世界のトップブランドが認める唯一無二のセレクトショップ
『THE TREAT DRESSING』にドレスコーディネーターとして内定した

トータルビューティ学科3年制の学生をご紹介します!

内波さん トータルビューティ学科 3年
(兵庫県 県立西宮南高等学校卒)

【内定先】 株式会社トリート(THE TREAT DRESSING)
ドレスコーディネーター

世界中から“旬”のブランドを集める、ウェディングドレスのセレクトショップ。
「 日本の花嫁をもっと素敵にもっと美しく」をテーマに全国に展開。
従来の常識や慣例にとらわれることなく、世界の最旬トレンドスタイルを日本に発信。
「女性ごころをくすぐる世界」を創りだす、業界では知らぬ人はいないという企業です。

 

 

トータルビューティ学科3年制の中でも、一番早くに就職活動を開始したという内波さん。
 目指す職種を決めた時期と理由を教えてください  

2年生の2月頃です。
決めた一番の理由は、ドレスが好きな気持ちが強かったから。
授業でドレスが決まらないと、ヘアメイクもブーケも、色々決まらないことを学んで、
ドレスの大切さを実感し、自分が『運命の一着』を提案したいと思いました。

 

全国でも募集が少なく、狭き門のドレスコーディネーターですが、
 トリートドレッシングを目指した理由は?  

多くの説明会に参加して比較検討したのですが、
説明会でトリートが大切にしている商品・人・空間の虜になりました。

他の会社よりもブランド数も多く、世界のトップブランドが集まっていること。
そしてドレスや自社製品への愛が強く、ドレスコーディネーターという職業、
トリートというブランドに自信と誇りを持っていると感じたことが選んだ理由です。


-ここ!と決めた企業は説明会に参加した時のワクワク感が全く他と違いました!

 

 就職活動に向けて準備していたことはありますか?

入学してから、無遅刻無欠席の皆勤でした。

ビューティプロはたくさんの資格が取れるので、資格取得にも力を入れていました。
また、面接の為の自己分析に力を入れました。

 


-トータルビューティ学科3年制では幅広く美容を学ぶので、
美容師国家資格をはじめ、メイク、ネイル、エステやアロマ、サービス、マナーと幅広い美容の資格を取得することができます。-

 

 

内波さんは、
メイクでは難関資格といわれるJMAメイクアップ検定1級まで+JMAメイクアップシニアアドバイザー資格を取得。

そしてサービス接遇検定では、かなり取得が難しい1級を取得されています。

 

さらに、エステやアロマの資格、きもの文化検定など、
トータルに学べる利点を生かしてたくさんの資格を取得したそうです。

 

トリートの就職試験はどうでしたか。

グループディスカッション→グループ面接→個人面接という流れだったのですが、
なんと、個別面接が6回もありました!

 個人面接が6回、試験期間は3~4か月かかったそうですが、、、

長い期間でしたが、気づいたら終わっていたという感じです。

個別面接はすべて1対1
毎回、面接の度にフィードバックをいただき、自分の中で掘り下げていきます。
途中、不安でどうしようかという時もありましたが、そんな時も
ビューティプロの先生に励まされました。

 


-2年の時の担任はブライダル業界で長年キャリアを積んだ先生
就活を進めるなかでも、すごく頼りになる存在だったそうですよ-
面接の際、特に意識したことは?

常に笑顔!答えにくい質問でも、その不安が伝わらないように答えることです。

 

 目指すドレスコーディネーター像を教えてください  

ドレスが大好きなのはもちろん、着物も好きで、美容全般をしっかり学んでいるからこそ、
花嫁様にお伝えできることもあると思うし、一生に一度の大切なお衣装は、知識も技術もすばらしい人に提案されたいものだと思います。

花嫁様と長く関わるからこそ、その一生に一度の思い出に残るような、この人と関わってよかったと思っていただけるようなドレスコーディネーターになりたいです。


-授業ではフォトの作品撮りを経験することも(中央モデル:内波さん)
技術者側だけでなく、モデルなど、いろんな立場を経験します-
 最後に、これから就職活動をする後輩たちへのアドバイスをお願いします  

自分がやりたいこと、好きなことを考えて、自分と向き合うことが大事だと思います。
頼りになる先生にたくさん相談するのも一つの手だと思うし、後悔のないようにがんばってください!


-何回も繰り返される面接。途中、思わず涙することもあったとか。
そんなしんどい時も、やっぱり、ビューティプロの先生に相談して乗り切ったそうです。-

 

今回ドレスコーディネーターとして(株)トリート(THE TREAT DRESSING)に内定した内波さん。
周りはほとんど、大学生かブライダル系の専門学校の学生ばかりのなか、
面接の際は、美容師国家資格を取得すること
そして、美容全般を幅広く学んでいることをしっかりとアピールしたそうですよ。

 

 


-学内コンテストにも積極的に参加。
ドレスだけではなく、着物も大好きなので、種目は留袖着付です-



-7月に行われたKANBIコンテストでは、特選を受賞!-

 

次回は、同じく珍しい職種である

ウエディングプランナー』でリーガロイヤルホテルに内定した

トータルビューティ学科3年制の森崎さんをご紹介しますね!

お楽しみに!!